電車王子の賢い育て方

電車王子の賢い育て方

鉄研受験(2026年)を目指す小2息子育児とお出かけ旅行大好きな40代ワーキングママの日常

小1息子が一番楽しい習い事「子どもアトリエ教室」褒めて伸ばす指導で完成度アップ!

f:id:denshaouji:20201017213417j:plain
小1王子、8月から公共施設のアトリエ教室に通っています。 

denshaouji.hateblo.jp

 

月2回×平日夕方1時間の授業で、

半年間で約7000円とリーズナブルなうえ、自宅から徒歩5分!

 

絵画と工作を交互に行うので、

どちらかに偏ることなく、バランス良く創作活動が出来るのも◎。

 

王子が行きたい!と熱望していた習い事だけに

毎回とても楽しく通っています(*^▽^*)


先週は、秋のお題で「絵はがき」を作る授業でした。

 

先着4名に限り、保護者も見学可能とのことで

王子の希望もあって初めて同席させてもらいました。


授業の最初に先生がある程度、

見本を見せてから一斉にスタートするのかな?と思ったら

いろんな材質のはがきとプリント見本を配布されたら

「もう書いていいよ~」とすぐにスタート。

 

女子は鉛筆で丁寧に下書きしてから色を塗っていくのに対し、

男子は下書きなしで、いきなり絵具で描いていく子が多く(笑)、 

王子ももちろん、筆で迷いなく塗り進めていきますW


先生はテーブルを周りながら

1人1人に「素敵!」「じょうずよ」と褒めちぎりながら

さりげなくワンポイントアドバイスをしていきます。

 

「こう描きなさい」と指導されるわけではなく、

子どもの作風を尊重したうえで、

「こういう方法もあるよ。こう書くともっと良くなるよ」と優しく教えてくれるので、

 

子どもはそれをもとに自分なりに工夫をして

個性は残しつつ、より良い作品に仕上がっていきます^^


王子は1時間以内に3枚の絵はがきを完成させました!

 

1枚目「コスモス」 

緑の絵の具でそのまま茎を書いたものの、

どうも納得のいかない王子に

「上から黄色を足すと、きれいな黄緑色になるよ」

「こうするとコスモスの優しい葉っぱになるよ」とアドバイスで雰囲気UP!

f:id:denshaouji:20201017213625j:plain

  

2枚目「ぶどう」

大粒ぶどうをはがきいっぱいに書いていく王子に、

「つるを書くとぶどうらしくなるよ」で、よりリアルになりました。

f:id:denshaouji:20201017213639j:plain

 

3枚目「キキョウとススキ」

花の中心からのグラデーションを

綿棒を使って色を伸ばす方法を教わりました。 

白いススキは王子が一粒ずつ丸を丁寧に繋げていきました^^

f:id:denshaouji:20201017213705j:plain


「王子クンは発想力がいつもすごいですよね」

先生に褒めていただきました^^

 


ちなみに前回は、

鏡を飾り付ける「ウッドフレーム作り」だったのですが

平面的で鏡の周りををそのまま飾り付けしている子が多いなか、 

王子はなんと!【冬の札幌のレストラン】を作ってきました。

f:id:denshaouji:20201018203240j:plain

 

鏡を窓ガラスに見立てて、飾りを立体的に並べて

コルクで作った屋根に白い絵の具をたっぷり塗って「雪」にして、

お店の看板やマーク、名前などはコルクのデザインをそのまま生かし、

右側には札幌をイメージした「時計台」をつくり、

f:id:denshaouji:20201018202839j:plain

レストランの下には、お店の人の「秘密基地」を作ったり(笑)。

f:id:denshaouji:20201018203014j:plain

  

私だったら他の子と同じように

鏡の周りを飾り付けるだけで終わりそうですが、

「鏡を鏡としない」ところが、王子の柔軟な発想力です^^


これからも思いっきり楽しんでもらいたいなぁと思います(*^▽^*)