電車王子の賢い育て方

電車王子の賢い育て方

電車好き息子の塾なし中学受験(2026年)を綴ります。

【本】中卒パパの受験奮闘記『下剋上受験』環境の重要性と親塾が出来る幸せ

約3年間受講した「チャレンジ」を解約し、

来年から親塾を開講することに決めた我が家。

チャレンジタッチ3年生の退会手続きをしました(体験談) - 電車王子の賢い育て方

 

親塾や塾なし受験の体験記などを読み漁るなかで手に取ったのが、

今さながら(笑)の下剋上受験』です。

 

著者の娘さんが中学受験した2013年は、

ちょうど王子が生まれた年なので、

中学受験界のことなど知る由もなかったのですが、

 

血も滲むような親子の努力とエピソードが強烈過ぎて、

下剋上受験』をはじめ、

桜井信一さん著書を一気に三冊も読んでしまいました(笑)。

 

 


初めて読んだときは、

世間一般のイメージするところの「中卒」では

到底書けないようなしっかりとした文章だったので、

ゴーストライターもしくはフィクションかな?と思いましたが、

 

読み進めていくうちに、

話が矛盾していたり、とっ散らかっていたり、感情的だったり、

答えているようで答えになっていなかったり、

やっぱりご本人かなと思えました(^^;タイヘンシツレイデスガ…

 


また、学歴コンプレックスが非常に強いものの、

プライドも非常に高い方なので、

同じ中卒の奥様や身内、仲間を異常に見下していたり、

 

本の中では「通塾を強くお勧め」しながらも、

親塾で成功した自負があるので、結局は塾を批判していたり、

 

ご厚意で馬淵教室のテキストを譲ってもらった先輩ママさんに、

桜蔭に落ちたら逆上して、やっかみ散らしていたり、


何より、パパ一人で桜蔭にこだわり続けたために、

娘さんにはハードルが高い受験となってしまったうえ、

 

桜蔭に落ちても、他の難関校に合格したらしたで、

「難関校に合格させた中卒パパ」として

本やブログを書きまくって一攫千金を狙うという、、、

 

はっきり言って、読後感はあまりよくありません(苦笑)。

 


でもでも!

 

そんななかでも、

私を強烈に魅了したのが「我が子への深い愛情」です。

 


私自身は勉強が大嫌いな両親に育てられ、

お金や政治など少しでも難しい話題になると

「子どもは知らなくていい!」と逆ギレされることが多かったので、

本当に世間知らずで、社会に出てからかなり苦労しました;

(インターネットもない時代ですし)

 

ほかにも自分の育った家庭環境に強い後悔があるので、

自分が親となった今では

子どもの知的好奇心を満たせる環境を整えてあげたいし、

子どもが希望する将来に向かってしっかり伴走してあげたい。

 

その思いが『親塾での中学受験』なんですよね。

 

中学以降は、もうどんどん親の手から離れていくので、

中学受験までが親が子供に何かをしてやれる最後の機会

 

また、桜井パパの親子関係を見ても、

子どもが親を信頼して親塾をさせてくれるということは、

親にとって最高の喜びであり、

最高の親孝行だと思うんです。

 

だって、親と不仲だったり、学力に信頼おけなかったら

「そんなの絶対イヤだから、塾行かせてよ」ってなりますもんね(爆)。

 

まぁ、我が家は経済的理由で親塾以外の選択肢はないのですが(涙)、

王子も「塾はヤダ。ママとなら受験の勉強やる!」

即決だったので、本当にありがたいことだと思います^^

 

親塾が出来る関係、

そして中学生の本格的な反抗期までに

蜜月な期間を持てるということは、この上ない幸せです。

 

改めてここに気づかせてくれた桜井パパには感謝します!


まぁ、ツッコミどころも多いのですが(笑)

親塾を考えている方は共感大なので、ぜひ読んでみてください(*^▽^*)

 

 

 

↓↓ 趣味の懸賞モニター当選報告を別ブログで紹介しています ↓↓

monitor-rich.hatenablog.com

 

\写真ACでクリエイターしています/

 

\おすすめ商品を紹介しています/

f:id:denshaouji:20211018104659p:plain