電車王子の賢い育て方

電車王子の賢い育て方

電車好き息子の塾なし中学受験(2026年)を綴ります。

函館子連れ旅(1日目)道南いさりび鉄道からの北海道新幹線乗車!

週末、函館1泊2日旅行に行ってきました。

土曜日の早朝便で出発、

帰りは日曜の夜便だったので、

丸2日たっぷり楽しむことが出来ました。

 

かなりパワフルに観光したので、

3回に分けて旅行記を綴りたいと思います(*^▽^*)

朝市食堂でイカ釣り体験

朝9時頃、函館に到着。

空港バスにて、宿泊する宿へ荷物を置いてから

市電にて函館駅へ。

 

駅前の朝市食堂で「イカ釣り」をしようとしましたが、

当日は「海老釣り」になっていました。

1回500円で、1匹釣れます。

 

「釣る」というより、

正確には尻尾をひっかけて「すくい上げる」のですが、

 

子連れに大人気で、お子さんが釣って親が笑顔で食べる…

という光景があちこちで見られて微笑ましいです。

 

小3王子もひょいっと簡単に釣り上げ、

生きている海老ちゃんをその場で半分に折ってもらい、

醤油で旦那さんが頂きました。

身体が二等分されても、

上半身はまだピチピチ動いている様子に、

「がんばれ~」と思わず応援する私と王子でした(笑)。タベルクセニw

 

朝市食堂「二番館」ワンコイン海鮮丼

続いて二階に上がり、

500円ランチで有名な「二番館」さんでお昼ご飯。

500円メニューはいくつかあり、

旦那さんはイカ刺し丼、私は海鮮丼、

王子は3種類のご飯から選べるお子様ランチで、ALL500円!

刺身は薄いけど数種類乗って、ご飯もたっぷり!

味噌汁までついて、良心的な価格だと思います^^

王子も鮭ご飯が美味しい!おかわりしたい!と満足でした。

 

函館市青函連絡船記念館「摩周丸

市場でお腹を満たした後は、

青函航路に就航していた連絡船「摩周丸」を見学。

1988(昭和63)年3月13日の青函連絡船最後の日まで運航していたそうで、

つい30年ほど前のことなのに、随分と歴史を感じさせる内容でした。

 

操舵室の展示は実際にいろいろ動かせるので、

氷川丸」とともに、「摩周丸」も子連れ必見スポットです(*^-^*)

denshaouji.hateblo.jp

 

道南いさりび鉄道津軽海峡を臨む

函館駅にて、

JRと函館バス函館市電道南いさりび鉄道線が乗り放題のきっぷ

「はこだて縄文めぐりパスポート」2日券を購入します。

はこだて縄文めぐりパスポート|JR北海道のおトクなきっぷ

 

レトロな「道南いさりび鉄道」に乗車して、

函館駅木古内駅まで約1時間の~んびり移動。

途中から車窓の景色が海に変わって、気分も盛り上がります。

王子の愛読書で

私も事前に予備知識を入れておいたので楽しさ倍増!(笑)

 

北海道新幹線開通に合わせて、

木古内駅もリニューアルしたそうで、すごくきれいでした。

 

駅前の道の駅も気になりましたが、

時間がないので、新幹線駅に移動します。

 

1駅だけの新幹線乗車!

木古内駅から、新函館北斗駅までは、

なんと!北海道新幹線に乗車しました~。

たった1駅、約13分の乗車、

家族3人で約6000円…なんと贅沢(苦笑)!

 

旦那さんから電車王子へのプレゼントだそうですw

 

座席はふかふかで快適~!

これなら北海道から東京まで楽に移動が出来ますね。

 

新幹線で行く北海道、憧れるけど

飛行機で行ったほうが安いので機会がなくて残念;

 

ちなみに乗車した車両はH5系ではなく、E5系でした。

ドクターイエローと二分する人気を誇る車両ですね^^

 

JR五稜郭駅にご用心?!

あっという間に新函館北斗駅に到着。

 

快適な新幹線に後ろ髪を引かれながら、在来線に乗り換え。

快速ライナーで函館方面に戻ります。

・・・が、ここでトラブル発生!!

 

宿泊先が湯の川温泉なので、

 

終点の函館駅から湯の川へ向かうよりも、

途中の五稜郭駅で下車して、市電で湯の川駅に向かったほうが

ショートカットになるんじゃない??

 

という旦那さんの思い付きで、

五稜郭駅に無計画で降りてしまった私たち。

 

ところが、なんと!

JR五稜郭駅と市電の五稜郭駅

徒歩で歩けないほど、はるか遠く離れており、

さらに電車もバスもほとんどない・・・

 

リアル「路線バスの旅」のように足止めされてしまい、

仕方なく30分無駄に過ごして、

夕方のバスでやっと移動できました。

 

そして宿に着いたのは17時過ぎ。

予定より1時間ほどオーバーしてしまったのでした;トホホ

 

旅行記2日目に続きます。

 

 

 

\写真ACでクリエイターしています/

 

\おすすめ商品を紹介しています/

room.rakuten.co.jp