電車王子の賢い育て方

電車王子の賢い育て方

電車大好き小2息子育児と塾なし中学受験(2026年)を綴ります。

40代ペーパードライバー主婦が運転免許証を自主返納しました。

運転免許証の更新のお知らせが来たので、

「もう更新しなくて良いよね?」と旦那さんに聞いてみたら

あっさり「うん、しなくていい」と同意(笑)。

 

というわけで、40代ですが

迷うことなく運転免許証を自主返納してきました。

運転免許取得が当たり前!?の時代

私は20歳(大学3年生)の時に

教習所に通って免許証を取得しました。

 

当時は「時間のある大学生のうちに免許証を取る」という風潮があり、

合宿免許なども盛んな時代で、

男女問わず同級生はこぞって取得していました。

 

『必要に迫られて』というより、

『それが当たり前』という雰囲気に流されて取ってしまったんですね~。

 

完全に勢いです、若気の至りです(恥)。

 

今思えば、首都圏住みなので取得の必要は全くなかったし、

逆に周囲の人がみんな取得しているんだから、

車に興味がない自分が取る必要もなかったです(笑)。

 

今の若者は車離れが進んでいるようで、

自分の生活に合った賢い選択が出来て羨ましいです^^

 

取得後の運転歴

免許を取ってすぐ(20代前半)は、

やたら父親と高速に乗って練習していました(笑)。

 

それからまもなく原付生活になって、

原チャリに乗るだけのために免許証が重宝しました。

 

そして、次の運転は、なんと30歳!

仕事の出張でいきなり運転を任されたのです!!

(ハードスケジュールだったので全員で運転を交代して休む必要があったので)

 

今でも忘れはしない、

疲労困憊で強い睡魔にやられて目を白黒させながら、

何とか目を見開き、

18時過ぎの真っ暗闇の北海道の田舎道を長時間運転したんです!

 

本当にへとへとで眠くて、

うっかりすると目をつむってしまうくらいぐったりのなか、

真っ暗な田舎の夜道を、

運転するのは数年ぶりの人が長時間担当するなんて、

(強要する上司にもビックリしましたが)

 

よくぞ、あの状況で事故らなかったと、

今思い出してもゾッとします(>_<)

 

それが逆にトラウマになって、

以降はずっとペーパードライバーでした。

 

自主返納の理由

・15年以上ペーパードライバー

・視力が心配(0.01以下)

・交通事故に対する恐怖心が強い

 

10年前は、身分証明書のために更新していたのですが、

今回は何より、

顔写真入りのマイナンバーカードを作ったので

免許証を身分証明書とする必要もなくなったのが大きいです。

 

自主返納の手続き

免許証の有効期限内は、最寄りの警察署で手続き可能です。

(有効期限を過ぎたら、免許センターへ)

 

まだ高齢者とはいえない年齢層の自主返納は、

「本当に返納してよいのか?」と引き留められると聞きましたが、

 

私はアラフィフに差し掛かっているから??

誰にも引き止められず、すんなり手続き出来ました(笑)。

 

返納するだけなのですぐに終わると思いきや、

更新の人と同じ順番で並ぶので、思ったより時間がかかりました。

(平日午前中で30分くらい)

 

「申請による運転免許の取消通知書」控えと、

穴をあけてVOIDされた免許証を受け取って終了でした。

 

運転経歴証明書は発行したほうが良い?

高齢者の場合は特典があったりするので発行しても良いと思いますが、

(手数料は1100円。有効期限なし)

高齢父親の【運転免許証の自主返納】GWに実家で話し合う。「運転経歴証明書」とその特典、車を手放したあとはやっぱりシニアカー? - 電車王子の賢い育て方

 

高齢者以外は特典もないし、

完全な身分証明書にはならないので、

記念に貰いたい人以外は不要だと思います。

 

以上、現役世代だけど自主返納を考えておられる方の

ご参考になりましたら幸いです。

 

長年放置してきた免許証の更新を

断捨離出来てスッキリしました( *´艸`)