電車王子の賢い育て方

電車王子の賢い育て方

電車好き息子の塾なし中学受験(2026年)を綴ります。

塾テスト後の親の反省、子の反省。小2息子は伸びしろだらけ(笑)

日曜日はテスト祭りでした。

 

午前中は四谷大塚の「リトルスクールオープンテスト」、

午後は日能研で「学ぶチカラテスト」。

 

四谷大塚は体験授業も参加したので、

朝から夕方まで終日、塾でお勉強三昧!

 

日能研は自宅受験も出来たのですが

本人はハシゴでも良いから会場受験が良いとのことで

1日頑張りました。お疲れ様~(*^▽^*)

 


ところが・・・

 

四谷大塚の「リトルスクールオープンテスト」が終わった直後は、

いつになく暗い顔をして教室から出てきたんです;

 

聞くと

「最後の大問が難しくて100点取れないから、お小遣いが貰えない(涙)」

と今にも泣きそうな顔で言うのです。

 

実は我が家は、テストをお小遣い(報酬制)にしていて、

塾テストは学校テストより難易度が高いので、

お小遣い金額もアップします。

 

別に100点でなくとも頑張りを評価して渡しているのですが、

 

王子は今回のテストで稼いだお小遣いで、

「ママにクリスマスプレゼントとして旅行の切符を買いたい。

 だけど、点数が悪くてお小遣いを貰えないから

 ママに旅行をプレゼントできない・・・」

 

だから悲しくて沈んでいたそうなんです。

 

( ↓ ママ誕生日にも旅行をプレゼントしてくれた王子)

小2息子「三浦半島1DAYきっぷ」でママ誕生日ツアーにご招待してくれました^^ - 電車王子の賢い育て方

 

そんな王子の心のうちを知って、ママはジーンと目頭が熱くなりましたよ;

 

「そんなことないよ!

 いつも王子はすごく頑張っているのを知っているから!

 だって難しい問題を我が家は全然やっていないのに、

 王子はテストでいつも良い成績を取っているし、スゴイよ。

 来年からは難しい問題もちゃんと勉強していくから、

 もっともっと伸びるからね」

 

反省すべきは王子ではなく、私の方なんです。。。

 

というのも、1学年先取りしているといいつつ、

家庭学習はチャレンジタッチとダイソードリルくらいで、

基礎中の基礎しかやっておらず、地頭でここまで戦ってきました。

 

小2までは難しい応用問題を机上でガリガリやるより

基礎と体験型の学びを重視してきたんですよね。

 

がしかし!

 

世の中には

何学年も先まで先取りしていたり、

難関問題集を数多くこなしている超優秀な子がたくさんいるわけで、

小2でだんだん差がついてきたように感じてきたのです;

 

親の導きが悪くて申し訳ない、と反省する反面、

逆を考えればまだまだ小2、

「伸びしろだらけ」なわけで(笑)。

 

今、私も王子に教えるべく小学教科の学び直しをしています。

小学教科と言えども奥が深く、勉強は面白い!

 

王子の親にならなければ、こんな体験出来ませんでした。

学ぶ喜びを追体験させてくれている我が子に感謝しています^^

 


ちなみに、その後、

お昼は回転寿司で好きなものをたくさん食べてリフレッシュ!

 

午後の日能研のテストが終わった時には

「ゲームの問題が出て、すごく面白かったよ!」

いつものニコニコ笑顔に戻っていました^^

 

結果はどうであれ、テスト問題を楽しめるようなら何より。

 

王子は「二月の勝者」ファンなので、中学受験にとても前向きです。

これからも一緒に頑張ろうね(*^▽^*)

 

 

 

↓↓ 趣味の懸賞モニター当選報告を別ブログで紹介しています ↓↓

monitor-rich.hatenablog.com

 

\写真ACでクリエイターしています/

 

\おすすめ商品を紹介しています/

f:id:denshaouji:20211018104659p:plain