電車王子の賢い育て方

電車王子の賢い育て方

電車大好き小2息子育児と塾なし中学受験(2026年)を綴ります。

【令和と昭和の小学校の違い】小1息子の恵まれた学校生活と悲惨すぎる我が思い出を比較する(笑)

小1王子から

「ママの小学校の時はどんな感じだった?」

「いい事とかいやな事とかあった?」と最近よく聞かれます。

 

「いや~、もう嫌なことだらけだよ!!」(←本気で)

f:id:denshaouji:20210301095654j:plain 

私の小学校生活は1980年代(昭和50年代後半)なので

今から40年近く前ですが(汗)

思い返せば、昭和の小学校とは軍隊のような生活

私にとっては暗黒時代です(^^;

 

今回は令和と昭和の小学校の違いを比較してみます。

通学に徒歩1時間かかった

これは時代ではなく親のせいなのですが(苦笑)、

 

実家は山のふもとにあり、

山の上の小学校のほうが近かったのですが

近所の子がみんな遠いけど平坦で行ける小学校に進学するので

「右にならえ」思考の母により遠い小学校に通うことに。

 

大人の足でも30分かかる距離で、子供の足では1時間!

 

毎朝7時半に家を出て8時半に学校に着く行程を

雨の日も雪の日も重いランドセル背負って歩いて頑張りました!

 

ちなみに王子は徒歩10分ほどです、羨ましい~

 

土曜日は毎週午前授業があった

いわゆる「はんどん」ってやつです。

週5日半も授業があったなんて軍隊です(苦笑)。

 

もちろん、今は週5日なので土日はゆったり休息できますね。

 

体育は冬でも半そで・ブルマ・裸足!

当時はスパルタ教師が多かったので

「子供は風の子・元気な子」(今は死語?)と言われ、

冬でも体育の授業は半そで・ブルマー・裸足でした!!

 

石ころもある校庭を裸足で走らされるから、痛いし寒いし苦行でした。

先生は靴履いているのに(怒)!

 

今だったら虐待で訴えられるレベルです(苦笑)。

 

もちろん、王子の学校はトレーナーも長ズボンもOKです。

忘れ物をしたら廊下に立つ、マジックでバッテン?!

忘れ物にも厳しい学校だったので

廊下や教室の後ろに立たされることも当たり前。

 

特に厳しくて有名な女教師には

顔にマジックで「×」を描かれることもあったんですよ!!!!!

テストで0点の子には、おでこに「0(ゼロ)」を描かれます。

 

もはや虐待!

今となっては信じられないことが昭和では横行していたんですよね;

 

今は教科書を忘れても、先生がコピーをとってくれたり、

遅刻してもまったく怒られないそうです。

それも両極端ですが、昭和世代の私からすれば相当天国です!(笑)

 

人数が多すぎてプレハブ教室を増設

第二次ベビーブーム世代だったので、1クラス45人×4クラスありました。

教室も狭いし、生徒が多すぎて、校庭にプレハブ教室を増設するほどでした。

 

王子の学年は、1クラス23人×2クラス。

1学年の人数が、私の小学校時代の1クラス分です(笑)。

 

男女の壁が厚い

当時は男女で遊ぶなんて考えられない時代で

男子が女子と遊ぶと「(女)たらし」、

女子が男子と遊ぶと「ぶりっこ」なんて呼ばれる時代でした(苦笑)。

 

令和の子はみんなファーストネームで呼び合い、

男女ともに仲良く遊べますが

 

昭和は1年生から、男子は「田中くん」など姓で呼んでいたし、

男女で遊ぶことは一切なかったです。

 

給食はパン食!ごはんは月1回だけ

王子は給食未体験なので(入学後3月末まで給食室工事のため)

令和時代の実態はよくわかりませんが、

今は米が中心なのですね?

 

昭和は手軽で安いパン食がメインで、

パッサパサのコッペパンが一番多く登場しました。

 

ご飯は月1回だけで、カレーライスが多かったですね。

普段はパンに八宝菜とか、相性もへったくれもない組み合わせで

食が全く進まなかったです(苦笑)。

 

また、三角パックのオレンジジュースも数カ月に1回の希少メニューでしたが

今は運動会など行事や練習の日に頑張ったご褒美として

アイスやジュースをふるまってくれるそうです!!

 

以上、我が子に切々と思い出を語りながら

自ら昭和の小学校の悲惨さ??に改めてドン引き(笑)、

心から「令和の小学校は良い!!」と思っちゃいました(^^;

 

「君たちは相当恵まれているのだよ」

母の悲惨な時代を聞いて、王子に深く伝わったことでしょう( *´艸`)