電車王子の賢い育て方

電車王子の賢い育て方

鉄研受験(2026年)を目指す小2息子育児とお出かけ旅行大好きな40代ワーキングママの日常

子どもの語彙力を楽しく伸ばす5つの方法!家庭で出来る「遊び」と「会話」の工夫

自分自身は読書をしたり、文章を書くのが好きですが

会話は苦手で語彙力に乏しいと思っている王子ママです(笑)。

 

日本人なのに日本語さえもろくにあやつれない私ですが、

王子には堪能な日本語で会話をこなせるようになってもらいたい!

 

そこでやっぱり肝となるのは「語彙力」。

 

今回は家庭で出来る、子どもの語彙力を伸ばすちょっとした工夫をご紹介します。

f:id:denshaouji:20190228122917j:plain

【遊び】絵本の読み聞かせ

語彙力アップに欠かせない読書ですが、この場合は

仕掛け絵本など「絵で遊ぶ」絵本ではなく、「言葉で遊ぶ」絵本を選びましょう。


ことばあそびうた (日本傑作絵本シリーズ)

 

また、少し上の年齢の子の本を選ぶと、

知らない言葉が適度にあるので良い刺激になります。

 

王子が人生で初めて読んだ漫画「おしりたんてい」

小学校低学年向きですが、親しみやすいタッチで5歳児でも読みやすく、

難しいけど真似したくなる上品なセリフも満載なので、

語彙力アップに役立っています。

 

我が家もとうとう全巻そろえてしまいました~(笑)。


【7冊セットでポイントお得!】おしりたんてい 読み物 7冊セット 【宅配便(追跡あり)送料無料】
 

denshaouji.hateblo.jp

  

【遊び】なぞなぞ、ダジャレ

語彙力アップに効くと噂される「しりとり」ですが、実はオススメしません(笑)。

何故なら子供が知らない単語を親が使うと、いちいちゲームが中断。。。

 

あくまで「楽しみながら学ぶ」が基本なので、

「しりとり」自体を純粋に楽しめなくなってしまうからです。

 

そこで、オススメは「なぞなぞ」

 

連想ゲームのように、あらゆる形容詞を使って問題を出し合うことで、

形容詞を覚えるし、違う言葉に言い換えるチカラもつきます。


なぞなぞようちえん (あたまがよくなる!)

 

また、「ダジャレ」を言い合うことで、同音異義語を学べます。


だじゃれどうぶつえん

 

我が家はしょーもない、駅名ダジャレばかりですが、王子はノリノリですよw

子どもの興味ある分野のダジャレが、長続きするコツですかね(笑)。 

   「三田を見た」「神田で鼻をかんだ」「菊名のことは聞くな」

   「磯子へ急ごう」「杉田はもう過ぎた」・・・などなど。

 

【会話】ニュースを親が実況中継

語彙力アップを狙ってTV視聴するなら、正しい日本語を使うNHKが一番ですが

5歳児には、まだまだわからないことだらけ。 

 

そこで、ニュースを見ながら親が実況中継します(もちろん字幕はオン)。 

denshaouji.hateblo.jp

  

「警察官なのに万引きしたんだって。

 万引きはお店でモノを盗むって言う事ね。

 警察官ならお仕事でお金を稼いでいるんだから、自分で払わないとダメだよね」

 

「トラックが強風で横転したんだね。

 横転は横に倒れるってことだけど、TV見ればわかるか(笑)。

 重いトラックが横に倒れるくらい強い風だったんだね」

 

とあくまで軽~い感じで、耳元でささやいています(笑)。

 

また、さらりと私見を入れるのもポイント。

 

幼児には事件やニュースの真相が瞬時に思いつかないモノも多いので、

一般人的な感想を参考程度に一言挟むようにしています。

 

ちなみに私自身が説明しにくかった用語は、

国語辞典で一緒に調べて、自分も勉強しています(笑)。 

denshaouji.hateblo.jp

    

【会話】きちんとした文章での会話を心掛ける

◆「あれ」「それ」という指示代名詞をなるべく使わない。

◆  単語での会話は避ける。

 「おみず」と言ったら「お水をください」と言うまで渡さない、など。

◆「すごい」と言えば、何がどのようにすごいのか、具体的に説明させる。

 

親は基本的に聞き役となって、子供がきちんと説明できるように促します。

 

「親との会話の質が、子供の語彙力を育てる」

といっても過言ではないので、

自分自身も言葉をはしょることなく文章で王子と会話をするよう、心掛けています。

  

【会話】四字熟語やことわざを身近に取り入れる

5歳王子が初めて覚えた四字熟語は「自業自得」です(笑)。

 

とある朝、王子が顔を洗うのをふざけながら逃げ回りまして、

誤って洗面台にバコーン!と顎を打った拍子に、

自分の歯で下唇を噛んでしまい、血がでてしまったんです。

 

すかさず、私は「そういうのを自業自得って言うんだよ」と教え、

王子も実際に体験するとすっと身につくようで、しっかり覚えてくれていますw

 

「一石二鳥」や「以心伝心」など、簡単な四字熟語は日常に取り入れやすいですね。

 

「おしりたんてい」でも「一朝一夕」など出てきますよ(^_-)-☆

 

ことわざでは「花より団子」「塵も積もれば山になる」などから取り入れて

少しずつ増やしていきたいです。