電車王子の賢い育て方

電車王子の賢い育て方

電車好き息子の塾なし中学受験(2026年)を綴ります。

年下女子のケンカの仲裁が得意な一人っ子の小2息子(笑)

小2王子は一人っ子ですが、

年下の子のお世話が大好きです。

「知らない子の中に身を置く」経験は子どもの成長に繋がる - 電車王子の賢い育て方

 

一人で公園に行っても、

男女隔てなく、小さい子のお手伝いを率先してやるのが

本人のお仕事らしいのですが(笑)、

特に女の子同士のケンカの仲裁が得意なんですW

 

先日も園児ちゃんらしき2人(おそらく初対面)がもめていて、

お互いのママも一緒でしたが、

なぜかその4人の中心に王子がいて(笑)、

お互いの言い分を聞いている様子(←私は遠くのベンチに座っていました)。

 

どうやらAちゃんが

Bちゃんのオモチャのネックレスを「ちょっとだけ貸して」と借りましたが

気に入ってしまってまい、Bちゃんが「返して」と言うも聞かず。

 

Aちゃんのママは娘に返すように説得、

Bちゃんのママは「また買ってあげるから(もういいよ)」とこちらも娘に説得。

 

話は平行線のまま、とうとう、

Bちゃんのママが無理やり娘を連れて帰る形で別れてしまいました。

 

そこで!

 

王子が、まずAちゃん親子のところに行き、

自分でネックレスを返すよう説得したけど、Aちゃんが嫌がったので

さらに説得をして、王子がネックレスを受け取って、

Bちゃん親子のもとへ追いかけて行って、代わりに返却。

Bちゃんの首にネックレスをかけてあげました。

 

そして、返さなければいけないのはわかっていたけど

本当は返したくなくて気持ちの整理がつかずに

ワンワン大泣きしているAちゃんのところへダッシュで戻り、

一緒に遊具で遊ぼうと誘って、気分転換をさせてあげました。

 

少し体を動かして遊んだら、もうすっかり機嫌は治ったようで、

笑顔になったのを見届けてから、バイバイしました。

 

私は一部始終ずっと遠くのベンチに座っているだけだったので(笑)

「王子はなんで関係ないのに、あの輪の中にいるんだろう??」と不思議でしたが、

後から話を聞いて、感心しちゃいました(*^-^*)

 

家では一人っ子ゆえに超甘えん坊で何もしませんが(爆)、

外では、相手の気持ちを自分で考えて行動できて、

なかなかしっかり者のお兄さんではないかと頼もしく思いました。

 

不妊・不育の高齢出産ゆえに弟妹は作ってあげられなかったけど、

もしも下にきょうだいがいたら優しいお兄ちゃんになってくれていたかな?^^