電車王子の賢い育て方

電車王子の賢い育て方

電車好き息子の塾なし中学受験(2026年)を綴ります。

【LITALICOワンダーオンライン】ロボットクリエイトコース無料体験に7歳息子が参加<辛口レビュー>

小1王子にプログラミングを習わせてあげたいけど、

ちょうど良い距離に教室がなくて二の足を踏んでいましたが、

 

IT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」

オンライン授業をスタートしたと聞いて、無料体験してみました。

以前、リアル教室の体験に参加したことがあるのですが、

オンラインコース体験会に関しては

詳しい口コミが今まで見つけられなかったので、

ご検討されているご家庭へ参考になりましたら幸いです(*^-^*)

ロボットプログラミングのオンライン体験とは?

TV会議ツール「ZOOM」を用いて、

お互いの顔や声、プログラミングの画面を共有します。

 

体験会では事前に送付される教材はなく、

先生がロボットを作る手元を見ながら、

動きと連動するアイコンや数値を子供が予想して、

先生にタブレットを操作してもらって、

実際のロボットの動きを確認する・・・という内容でした。

 

オンライン授業スタート

説明と自己紹介(20分)

体験会はマンツーマンで、

メンターと言われるサポート講師は、

いかにも塾講師といった賢そうなお兄さんでした。

 

まずはLITALICOワンダーの概要とお互いの自己紹介。

 

LITALICOはニックネームで呼び合う文化で

「先生のことを〇〇って呼んでね」と言われるのですが、

純日本人の我が家はこのシステムに慣れません(^^;

 

なんだろう?

まだ仲良くなっていないのに表面だけ「仲良し!」

みたいな偽善な雰囲気を強制されるのです(苦笑)。

 

しかも個人的な印象で申し訳ないのですが、

お兄さん先生が「目が笑っていないタイプ」で

優しい言葉とは裏腹にビジネス臭がプンプン(笑)だったので

初対面で相性が合わなそうだなぁ~と感じてしまいました;

 

ロボットプログラミング(30分)

自己紹介が長くて、

やっとメインのプログラミング授業が始まったのが開始20分後。

 

画面越しで先生が

LEGO®の教育用ロボットキット「We Do2.0」を組み立てていき、

何を作っているか当てたり、アイコンを選択して

予想した動きがあっているか確認していきます。

 

前置きが長くて集中力が途切れてしまった小1王子は、

しょっちゅう画面から消えたりしていましたが(苦笑)

プログラミングは好きなので、ここは前のめりに楽しんでいました。

 

本日の感想と保護者への勧誘(20分)

プログラミングが終わって王子に感想を聞いた後、子供は開放。

 

ここから親に交代して

マンツーマンで感想を聞きながら

恐怖の勧誘タイムへと移っていきます(笑)。

 

私は「ないな」と確信していたので、

最初に割とはっきりお断りしたのですが

これまた先生がなかなか解放してくれず、

 

「もう1回、王子くんに

 今日の感想を聞きたいので呼んできてもらえますか?」と言って

 

子供の口から「続けたい」と言えば、

親も折れてくれるだろうみたいな意図が見え見えで、

さらに「ないな」は強固になりました(苦笑)。

 

体験会というものは、本当に「お試し」なので

合う合わないは家庭で決めるものですが、

勧誘がしつこいと逆に引いちゃいますよね(^^;

 

LITALICOワンダーオンライン受講の場合 

対象年齢 

年長~小学3年生

 

授業と料金

他のプログラミング教室では月2回の授業が多いのですが

LITALICOは月4回または月8回の授業となので、

授業料もそれだけ高額になります。

  

講師1名に生徒2名の少人数制で60分授業です。

 

講義形式ではないので、特に毎回テーマがわるわけではなく、

子供自身がやりたいことを都度サポートしていく形態なので、

自主性やアイデアがないとちょっとキツイかな?

 

家庭で用意するもの

カメラ・マイク付きのPC1台 、

必要十分なネットワーク環境 に加えて、

LEGO®の教育用ロボットキット「We Do2.0」を各自購入します。

コースも教材もステップアップしていく形態ではないので

子供が望む限り「We Do2.0」をずっと使い続けていくそうです。

 

我が家が受講を断念した理由

先生との相性

第一印象で「合わないな」と思っても、

安易な理由で先生を変えてなんてやっぱり言えない(苦笑)。

 

習い事はビジネスですが、

子供の先生にはビジネス臭がする人より「心」で接して欲しいんです。

ないものねだりですが(笑)。

 

始めたら長く続けたいし、

王子が信頼できて仲良くなれそうな人にお願いしたいんですよね。

 

王子自身がオンライン向きではない

オンラインイベントに数えきれないほど参加している王子ですが、

今回の体験で「オンライン教室」は合わないとハッキリわかりました(笑)。

 

というのも、落ち着きがなく、

思い立ったらすぐに動いてしまう王子は

 

画面の前でじっとしていることがないし、

授業中に何かを思いたったら、すぐにモノを取りに行ってしまったり、

話もそっちのけで、自分のアイデアをすぐに試そうとするし、

 

おとなしく先生の話を聞くことが出来ないのです(涙)。

 

ちなみにリアルの対面教室だったら、そのようなことはないのですが

自宅であるがゆえに、自分のアイデアやひらめきは

良くも悪くもすぐに試せる状況であることが原因なのです。

 

イベントだったらそれも許容範囲ですが、

教室となると、それでは意味がないわけで(涙)。

 

というわけで、

王子は自学自習できる通信教育や買い切り教材のほうが向いていることがわかり、

だんだん方向性は定まってきました。

 

今回は辛口で申し訳ないですが、

王子自身の性質による点が大きいので(汗)、

【LITALICOワンダーオンライン】が合う方ももちろん大勢おりますので

ご参考になりましたら幸いです(*^-^*)>”

 

\無料体験 受付中/